同僚との関係を調整するコツ

看護の仕事において最も恐れるべきトラブルは、医療的な過誤によって生じるものだと思います。
時として人命にも関わる重大な問題に発展することもあるため、細心の注意が払われることが求められています。一方で、実際に看護の仕事を行う上での障害となるトラブルとしては、人間関係によるものが大半を占めているようです。これは、看護に携わる人の大半が女性であるという点と、看護を行うに当たって様々な人との関係性の構築が必要になってくるという点に由来しているようです。
男性よりも日に13000語も多くの言葉を話すと言われている女性には、当然「話すこと」によって人間関係を崩す可能性が高いようです。しかし、この点については生来備えているリスクであることから、どうにも防ぎようがない面があるのも事実のようです。そのため、看護師が職場での人間関係の問題に巻き込まれたくない場合は、後者の点について特に気をつけるように心がけておくのが妥当だと言えます。
多数構築される人間関係を働きやすくするように調整する手段は様々なものがありますが、特に同僚との人間関係には気を配るようにしておきましょう。同僚との関係性を良好に保つことができれば仕事の効率を高められる反面、逆に損なってしまうとまともに業務をこなせなくなるばかりか、最悪退職を余儀なくされてしまうこともあるので注意しておきましょう。同僚との関係性を構築する際は、「患者よりも遠く」が重要なポイントになるでしょう。患者並に近い関係性であれば、マウンティングなどの問題に巻き込まれてしまうリスクが高まるため、しっかりと関係にメリハリをつける姿勢が、看護師がトラブルなく仕事をする上では必ず役立つことでしょう。



Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.