医療機関のトラブルとは

仕事で直面するトラブルの中でも厄介なのが、患者さんに被害が及ぶ問題です。
医療関係の仕事に従事している場合、上手く対処しなければ患者さんの命に関わってしまう場合もないとは言えません。もしもこのような問題を抱えた場合は、まずは上司や先輩に相談しましょう。特に、自分一人では問題が解決できない時は速やかに相談するようにしましょう。もしも報告が遅れたら、自己保身のために問題を隠匿しようとしたとみなされてしまう事もありますので注意が必要です。
しかし、なかには患者さんの身体を傷付けてしまったとしても「ありがち」な問題の時もあるかと思います。点滴が上手く行かなかったミスなどは慌ててしまいますが、患者さんの命に被害が及ぶわけではありません。そうしたトラブルが起きた際はまず患者さんに良く説明し、理解を仰ぐ事が大切です。また、問題がこじれないように適切な対処方法を事前に先輩から学んでおくと良いでしょう。
他にも女性の看護師が病院に勤務している場合、自分自身がセクハラトラブルに巻き込まれる事もあると思います。こうした行為は本来違法であり、問題が悪質であれば仕事に悪影響を及ぼします。入院患者さんから悪質なセクハラ被害を受けた場合は、必ず上司に報告しましょう。我慢すればするほど働いている自分自身が心を病んでしまいますので大変危険です。入院している異性の患者さんにどう接するべきか、きちんと先輩から指導を受けるようにして自分自身を守っていきましょう。



Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.