女性が避けたい仕事のトラブル

看護師として働いている女性が最も仕事で避けたいトラブルと言えば、一般的に医療ミスが挙げられます。
しかし、人間であれば必ずミスは起こるものですので、事態に適切に対処するためにも事前に先輩や上司から対応方法を訊いておくようにしましょう。病院によっては医療ミスが起きた際のマニュアルを作成している場合もありますので、きちんと確認しておきましょう。
また、医療トラブルが起きた際に患者さんが最も心配するのは健康被害の問題だと思います。問題を拡大しないためにも、まずは懇切丁寧にトラブルが何をもたらすか説明するようにしましょう。
他にも女性の看護師が仕事に従事する場合、医療ミスが起こらなくてもセクハラに困る事もあるようです。特に、入院患者さんのお世話をしている場合は身体的な距離が近くなる場合がありますので、不快な思いをするケースがあるようです。こうした問題は、上司に相談する事で対処方法を考えてもらえます。特に事態が悪質であれば、担当を替えてもらう事もできますので早期に問題を訴えるのが大切になります。セクハラ被害がなかったとしても、患者さんからワガママを言われる事はあるでしょう。病院は、医療機関であり多様なサービスを施す場所ではありません。他の患者さんに迷惑を掛けないためにも、もし不当なワガママを言われた際は拒絶する事が大切です。女性が仕事をする場合、厳しい事は言えないだろうと高慢な態度をとる患者さんも少なくないようですので、こうした人には初手の対応を厳しくする事も必要となります。



Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.